2005.11.27

世界一周は引越です


フライトシミュレーターの世界一周の続きはこちらに引っ越しました。
メキシコから先へ進みます。

妹ちゃんもチョコレート
ゲーム

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.21

テキサス州までフライト


ただいまフライトシミュレーター(フライトシム)で世界一周中。

11月19日
グランドキャニオンから出発。
グランドキャニオンは、上流の方はだんだんと谷が浅くなって終わっていました。
それからはコロラド高原が続きます。多少の山はありますが基本的にただただ広い高原が続いていました。飛行機で1時間飛んでも高原は終わりません。
着陸はコロラド高原の中にある町の飛行場。飛行場の標高は2000m以上あり、飛行場の周囲には雪が表示されていました。
11月19日
天気も良いので南東へもうひと飛び。
コロラド高原は終わりに近づいたのか、今度は大地がひたすら下り坂になっています。
日本には絶対にあり得ないほどの長い長い坂道です。
そして、テキサス州に入り、Dell Cityという名前の町に着陸しました。あのDellの発祥の地かと思いましたが、ちょっと違うみたいです。

11月20日
テキサス州を南下中です。
大変天気がよく、遠くに地平線を見ながらの飛行でした。 サンフランシスコから本当に天気に恵まれています。
これから先はどこへ向かうか考えてみましたが、南アメリカへ向かうことにしました。
日本とは地球の反対側近くにあるアルゼンチンには行ってみたいと思います。
とりあえずは、メキシコ湾をめざします。

23.テキサス州南下中
メキシコ国境近くの空港
22.テキサス州
Dell Cityの空港
21.ニューメキシコ州
Grants-Milanの空港


Microsoft Flight Simulator 2004

| Comments (0) | TrackBack (1)

2005.11.14

グランドキャニオンまで


ただいまフライトシミュレーター(フライトシム)で世界一周中。

11月9日
シェラネバダ山脈越えの始まりです。
サンフランシスコからはしばらくは平原が続きました。
しばらくすると遠方の大地がせり上がってくるのが見えました。シェラネバダ山脈です。
日本のアルプスのように山の列があるのとはやや違い、大地がせり上がってくる感じで飛行機の高度を上げても山がどんどんついて上がってくる感じです。
ヨセミテ国立公園の南を通過したところにある飛行場に着陸しました。標高7000フィートの高地にある飛行場です。
そして、このまま進むと、あの『エリア51』が見えてくるはず。
もし見つけられたら着陸を試みたいと思います。

11月12日
エリア51は結局見つかりませんでした。
ラスベガスとの方角と距離でエリア51近くには来ていることが分かりましたが、さすがに空軍の秘密基地だけにシミュレーターには載ってないようです。
エリア51への着陸はあきらめ、ラスベガスに向かいました。
ラスベガスにはビルがたくさん表示され、テレビで見たことがあるピラミッド型のビルや十字の形をしたビルもちゃんとありました。

11月13日
グランドキャニオンを飛行。
大地の深くて巨大な溝に感動しながらゆっくりと遊覧飛行気分で飛びました。
ちょうど日が傾き始め、陰影がさらに地形を立体的に浮かび上がらせてくれました。視界もよく最高のフライトでした。
着陸はグランドキャニオンの近くにある空港。標高2000メートルの広大な平原にある空港です。この高さで平原が広がるなんて大陸ならではの地形、もうビックリです。
着陸時は急に視界が落ちて、空港の高度(約6600フィート)が分からず、着陸に手こずりました。
GrandCanyon


20.グランドキャニオン
グランドキャニオン国立公園の空港
19.ラスベガス
McCarran国際空港
18.ヨセミテ国立公園近くの飛行場
Mammoth-June Lake Airport


Microsoft Flight Simulator 2004

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.08

リアル世界一周


フライトシミュレーションの世界で世界一周をしている私ですが、先日リアルの世界で世界一周をした人に偶然出会うことがありました。
ヨットで世界一周をした堀江謙一さんです。

先日西宮のヨットハーバーに散歩で行ってみると、以前から係留されている世界一周したヨットのあたりに人だかりがありました。
近づいてみると小学生が堀江さんとお話ししたりするイベントが開かれていたようです。
堀江さんは、一見するとどこにでもいるふつうの初老の男性という感じです。しかし世界一周をされたすごい人なんです。

自由に出入りできる屋外だったので、小学生達が堀江さんに質問をしているのを近くから聞いていました。
南米からオーストラリアに向かう時は、人工の漂流物がなく、地球上に人間がいないような気がしたそうです。
大海原で見る星は大きく見えるとか、日本が恋しいときもあったとか、小学生の質問とはいえなかなか貴重な答えを聞くことができました。
それから、トビウオは夜になると船の中に飛び込んでくるそうです。

小学生といえば、私が堀江さんの太平洋ひとりぼっちの本を読んで感動したのが小学生の頃でした。
堀江さんとお話しした小学生達にとって、きっと一生忘れない思い出が出来たことでしょう。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.07

サンフランシスコ到着


ただいまフライトシミュレーター(フライトシム)で世界一周中。

11月3日
アメリカ、ワシントン州のEverettまで来ました。
Everettはボーイングの飛行機工場がある町です。工場の横には飛行場があり、日本で飛んでいるジャンボジェットもこの飛行場から飛び立ってきたわけです。
下のグーグルマップへのリンクはその飛行場の駐機場ですが、縮尺を変えて上(北)の方をみると工場の屋根が見えてきます。
近くの街のシアトルにはボーイング飛行場という別の飛行場があり、ちょっとややこしいです。
ボーイングの工場前で記念撮影。
20051103_BoeingPlant

11月5日
天気は曇り。視界は上空までのびる厚い雲にはばまれてよくありませんでした。
ポートランドの北にある富士山のようなとんがり山も見たかったのですが、見えませんでした。シミュレーターの世界とはいえ悪天候で風景がよく見えないまま通り過ぎていく情景もまた一興です。またこんど見に行くとしましょう。
しかし、ポートランドに行くまでの間に雲の合間からセントヘレンズ山が見れました。1980年の大噴火で出来た大きな火口がよく見れました。
着陸はオレゴン州の湖の近くにある街の空港にしました。

11月6日
出発は雨。
上空に昇ったら地上はほとんど見えません。雲の間を淡々と飛び続けました。
天気が回復するまで南に飛ぼうと飛んでいると2時間近くかかってサンフランシスコまで一気に飛んでしまいました。
それでもサンフランシスコはやはり晴れ。ひつじ雲と上空のうろこ雲が秋の空の感じです。
着陸の時には視界もよく、ゴールデンゲートブリッジのあたりもよく見えました。
サンフランシスコから先は東に進路を変え、グランドキャニオンに行ってみたいと思っています。

17.サンフランシスコ
サンフランシスコの国際空港
16.オレゴン州
Eugene Airport
15.ワシントン州
Everettにあるボーイング社の工場

Microsoft Flight Simulator 2004

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.31

バンクーバー到着


ただいまフライトシミュレーター(フライトシム)で世界一周中。

10月29日
アラスカ州最後のフライト。
今まで険しかった山々が次第になだらかになってきました。スケールこそ違いますが、瀬戸内海の上空を飛んでいるような風景になっています。
天気は薄曇りながら視界はよく、快適に飛行。いったんカナダとの国境近くの飛行場に着陸しました。

そして、次の日は何かと忙しいので引き続いてシアトルまで飛ぶことにしました。夕空をひつじ雲の群れといっしょに飛行しました。
ところが飛行機の燃料が少なくなってきたので急きょカナダのバンクーバー国際空港に着陸。
着陸の時は管制塔との交信で、同じく着陸中のジェット機がうしろに続いて来るのが分かったので少しスピードを速めて着陸してみました。
着陸すると日も暮れて空にはわずかに薄暮の光が残るだけ。シミュレーターの夕暮れも空の色とかなかなか上手く再現されています。

来週はシアトルのボーイング社の工場にある飛行場に着陸の予定です。

14.カナダ
バンクーバー国際空港
13.アラスカの端、
カナダとの国境近くにあるMetlakatlaという島の空港

Microsoft Flight Simulator 2004

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.24

5000m級の山


ただいまフライトシミュレーター(フライトシム)で世界一周中。

10月22日
アンカレッジから東に向けて出発。
険しい山々が海までせまり、ダイナミックな風景が続きました。
今日の飛行時間は1時間半ほどとやや長くなりましたが、その間延々と険しい山々とフィヨルド地形の連続でした。
そして、1時間ほど飛んだところで前方に高い山が見えてきました。
15000フィートで飛んでいるのにそれよりも高い山。5000m級の山との初めての遭遇です。
Mt_Saint_Elias
Mt.SaintElias(右手前側)と、カナダの最高峰(Mt.Logan)左奥。
間の谷は長野県の松本盆地がすっぽり入ってしまうほどの幅がありそうです。

10月23日
今日も険しい山と、迷路のような狭い湾が入り組んだ風景が続きました。風景が変化に富んでいて見ていてもあきません。
そんなダイナミックな自然に囲まれた小さな町(Juneau)の飛行場に到着しました。よくこんな場所に町が出来たものだと感心するほど周囲には険しい山が続いています。
でも、シミュレーターに表示された地形は大変美しいもので、一度本当に行ってみたいと思ったほどです。

とりあえずこのまま西海岸沿いにサンフランシスコをめざします。


12.2005/10/23
迷路のような水路の奥。Juneau国際空港
11.2005/10/22
アラスカ東部の町


Microsoft Flight Simulator 2004

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.17

アンカレッジ到着


ただいまフライトシミュレーター(フライトシム)で世界一周中。

10月15日
離陸したときは晴の良い天気でしたが、アンカレッジに向かって飛んでいるとだんだん雲が多くなりついに曇りになってしまいました。
本日の着陸地はアンカレッジの少し手前の火山のふもとにある飛行場。着陸するときには雪。視界も数百メートルしかありませんでした。
アラスカはもうすっかり冬のようです。

10月16日
アンカレッジ到着。
天気は晴。途中、若干視程が悪くなりましたが薄い霧に包まれて幻想的な風景になりました。
アンカレッジの西には北アルプス山脈を何本も束ねたような大きな山脈があり、シミュレーションながら壮大な風景を楽しめました。やっぱり大陸の風景は日本とはスケールが違います。
で、アンカレッジ空港。
下の10番にあるグーグルマップへのリンク先で写真を左上に動かして滑走路の周囲を見ていただくと滑走路や誘導路にたくさんの飛行機が見えると思います。
シミュレーション上でも次々と他の飛行機が飛んできて混み合ってました。
今回はシミュレーション上の管制塔の誘導で飛んでいたので、上手い具合に他の飛行機の発着の合間に着陸が出来ました。
バーチャルの管制官の誘導もなかなかのものです。


10.2005/10/16
アンカレッジの国際空港。この駐機場に止まりました
9.2005/10/15
アラスカの火山(?)のふもとにある飛行場McGrath


Microsoft Flight Simulator 2004

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.11

日付変更線を超えました。


ただいまフライトシミュレーター(フライトシム)で世界一周中。

10月9日
緯度が高くなり北極点に近づいてきたので、東に進むとどんどん緯度が変わっていきます。
5番目の着陸地から1時間で6番目の着陸地、さらに1時間弱でついにベーリング海峡上空に達し、日付変更線を超えました。
20051009
シミュレーションではちょうど夕方。今日の夕焼けが昨日の夕焼けに変わる瞬間です。
そしてアラスカの大地に着陸。きれいに染まった空をながめました。
20051009_SUNSET

10月10日
アメリカ国内に入りました。そして、アラスカの地に1泊したことにして、シミュレーターの時間を朝にセットし直しました。
周囲は地上の色といい寒々とした感じです。北極に近いので朝の太陽も日出から1時間たっても高く登りません。
離陸して東に飛ぶとロシアとの違いは一目瞭然!!空港の多いこと。1時間の飛行の間にも次々に空港があらわれて、どこに着陸しようか迷うほどです。
ある入り江の中には石油の採掘施設が見え、アメリカの繁栄ぶりがうかがわれます。
次はアンカレッジをめざします。

8.2005/10/10
Elimという町の小さな空港
7.2005/10/09
ベーリング海峡を渡った直後の空港
6.2005/10/09
入り江の入り口の砂州に着陸


ALASKA - アラスカ観光協会
Microsoft Flight Simulator 2004

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.08

極東のはての空港まで


ただいまフライトシミュレーター(フライトシム)で世界一周中。

10月8日
今までの悪天候はすっかり過ぎ去って今日は晴れ。
ひつじ雲の間をぬって飛行です。
地上の様子にはたくさんの丘がぽこぽこという感じで見えていました。湖も多く、川のほとりは沼地になっているのでしょう。
おそらく釧路湿原を何倍にもしたような広大な沼地が広がっていたのでしょう。さすがにここは大陸です。

天気が良いので飛行のピッチを早め、3番目の着陸地から1時間半ほど飛行し、4番目の着陸地に到着。
さらに40分ほど飛行して飛行場へ到着。

5.ベーリング海峡近くの空港
北緯64°、東経177°。

4.湿原近くの高台

北緯も60°を超え、太陽も低くなってきました。
20051008

Microsoft Flight Simulator 2004

| Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧