2005.11.22

待ち遠しい春


11月17日にマイクロソフトからVisualStudio2005の発表がありました。
発表は良いのですが、発売はまだまだ先のよう。特に2005に対応したコントロール類の発売はさらに先。春が待ち遠しいという感じです。
とりあえず来月に公開されそうなExpress版を待つことにします。

地道に続く自宅サーバーの構築ですが。
IISの設定をやっています。 今週はFTPサーバーのインストールと設定。
IIS6の特徴であるユーザー毎にフォルダーを分ける機能を使ってみました。設定の参考にしたのは@ITのこの記事。
IIS 6.0のFTPサーバでユーザー・フォルダを分離する(基本編)
ドメイン名をFQDNでlan100.localdomainとしていたので、ユーザーフォルダーの名前をどうするべきか迷いましたが、結局lan100\usernameでうまくいきました。
そしてアップロード許可はNTFSのセキュリティー設定のほうで設定することにしました。

VBの新しいバージョンと、サーバーの構築。
どちらを先にやるか迷ってしまいますが、サーバー構築を先に完成させてしまいたいと思っています。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.30

ドメイン構築テスト


サーバーとドメインを構築するテストをやってみました。
DNSサーバー、アクティブディレクトリーのドメインコントローラーは、参考書に書いてあるとおりに進めていくとほぼ問題なくインストールが出来ました。

グループポリシーの機能はじっくりと時間をかけてやってみたいとおもいます。
それでもまずは、ドメインにログオンするとインターネットエクスプローラーのホームページが強制的に自宅サーバー上のページになる様にしてみました。
ホームページの設定がきちんと自宅サーバーの方に変わり、少し感動でした。クライアントのエクスプローラーのセキュリティー設定も決めることが出来るので、この機能は有効に利用できそうです。

先日入手したServer2003RC2はOSが発売された今となっては、アクティベーションが出来なくなっていました。その為2週間ほどしか使えないので、マイクロソフトから180日間試用できる評価版を購入しました。
価格は1500円ほどで月刊の専門誌を買うくらいの価格です。
マイクロソフトのサイトで発注して2週間ほどで到着。これでゆっくり落ち着いてテストと練習が出来ます。
次は同じドメイン内に2つめのドメインコントローラーをつくるテストをやってみます。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.15

Server2003RC2インストール


先週組み立てが終わった新しい自宅サーバーにServer2003RC2をインストールしてみました。
ジュンク堂で売られていた雑誌のバックナンバーの付録に付いていたものをゲット。さっそくインストールです。
実は組み立てたサーバー機ではServer2003はサポート対象外なので、インストールできなくてもまったく不思議ではありません。望みをたくしてのインストールになりました。
マザーボードのチップセット915GMがモバイルパソコン用なのでサーバーOSを動かすことは想定されてないのかも知れません。

☆☆結果はインストールほぼ成功☆☆
サーバー機の本体に付属していたビデオチップのドライバーはインストールできませんでしたが、OSがあらかじめ持っているドライバーでなんとか画面は表示できています。
LANドライバーはサーバー機に付属のもので快適に動いています。通信速度は300Mbpsは出ているようです。
しかし、電源のシャットダウンが上手くいかず、再起動してしまいますが正式版で改善されることに期待することにします。

それから、9割方あきらめていたモバイル用プリンターのキヤノン製PIXUS iP90はインストールに成功しました。これでプリントサーバーも兼ねることができそうな感じになってきました。
今のところテスト印刷が成功しただけですが、サーバーからの印刷、共有にしてクライアントPCからの印刷も成功しました。

実機へのインストールはMSDNからの正式版が入手できるまでこのままとします。
これからはバーチャルのPC(VMware)をテスト用サーバーにして、RC2でアクティブディレクトリーとかドメイン構築の準備をしていきます。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.13

自宅サーバー組み立て


3連休の初日に新しい自宅サーバーの本体が届きました。
ベアボーンPCでグラフィックの方もオンボード。比較的失敗しにくいのですが、初めてのベアボーンなのでドキドキしながらの組み立てでした。
非常に小型のケースなのでケーブルの収納に注意が必要で、最初はケース内のファンにケーブルが接触し、ファンが回らないトラブルがありました。しかし、その他は無事に組み上がり、XPのインストールも問題なくできました。

PentiumMの特徴であるCPUの周波数と電圧を負荷に合わせて変更する機能ですが、「CrystalCPUID」というフリーソフトで機能させることができました。
これを使うといくらは節電になるようです。

ベンチマーク(HDBENCH)による処理能力テストをしてみると、期待をほぼ満足する結果になっていました。
そして、今のサーバーを使う上で一番問題になっている自作のWEBアプリケーションの動作は、動作環境が実際の使用状況と違うので比較はできませんがかなり早くにはなりそうです。

と、ここまで動かしてふと気づくと、CPUクーラーの取り付けに必要な放熱のためのグリスを忘れてることに気づきました。これは大変、このままではCPUを壊してしまいます。
急いでグリスをつけなおし、CPUは思わぬ試練を乗り越えてくれたようです。
フリーソフトでCPUの温度を測ってみると40℃前後。放熱はできているみたいです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.09

自宅サーバー更新


今使っている自宅サーバーの処理能力が遅すぎるのでサーバーを新しくすることにしました。
今のサーバーはLibretto L2。1kg以下のノートパソコンで軽いのが取り柄ですが、今となっては処理能力の非力さが目立ちます。
自作の簡単なWEBアプリでさえも起動するのに1分近くかかり、さすがに使い勝手はちょっときびしい。
そろそろLibrettoさんは引退していただいて、モバイル用のパソコンとして余生を過ごしてもらうことにしました。

そして、新しいサーバーに選んだのはベアボーンの小型パソコン。
WiNDyの「Olphes Rhapsody」
大きさはお正月料理を入れるの重箱の1個分くらい☆
CPUはノートパソコン用のPentiumMです。クロック周波数が低い割に処理能力が高い不思議なCPUだそうです。
ただ問題は資金。 予定していた買い物をやめて節約し予算をあてることにしました。お姉ちゃんのコンサートDVD『Happy☆Seventeen DVD』も来年までガマンです。

OSは、この秋に買う予定にしているVisual Studio 2005+MSDNからプログラム開発用のSERVER2003を入手できるので、それを入れる予定です。
もちろん購入するパソコンにサーバーOSをインストールできたらの話ですが。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.20

は~とデーターベース計画


試運転は順調にスタートしました。
バグや実際に使ってみて使いにくいところを少しずつ直していっています。
プログラムを修正したら、実際に音楽を流して楽しんでいます。自分が作ったプログラムを使って音楽を楽しむ自己満足のひとときであります♪

今までのプログラム作りを振り返ると、本当はこうするともっといいプログラムになったかもと思うところが出てきます。
使うぶんには困らないので試運転中に修正するか、それとももう少し後に修正するか迷うところです。

若干後悔している部分は、
アルバムタイトルを曲のタイトルとおなじ場所に保存するようにしたところと、曲の印象の保存の仕方。
アルバムタイトルと曲のタイトルを同じテーブルに保存しているせいでプログラムが若干複雑になっているような気がします。
また、曲の印象の保存の仕方をフリーキーワードのように保存したら、キーワードの種類を増やしやすいので違うジャンルの曲の印象も保存しやすかったのではと思っています。
少なくとも次回のプログラミングの参考にはしたいと思っています。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.20

は~とデーターベース計画


楽しい曲を聴きたいときは楽しい曲を、静かな曲を聴きたいときは静かな曲を検索して聴く事が出来るデーターベースプログラムを作る様子を公開しています。

データーベースの日本語の設定、sjisで無事に漢字の保存と検索ができるようになりました。
正確にはサーバーの方でsjisで保存するように設定するのと合わせて、プログラムがsjisで漢字を処理している事をサーバーに通知することで上手くいくようになりました。

前々から不思議に思っていたのは、.netのプログラムの中ではutf8の文字コードなのですが、いつのまにやらsjisに変換されているのです。
おそらくデーターベースと通信しているdllの辺りで変換をしてそうなのですが。ちょっと分かりません。
.netのプログラムの中=utf8。

サーバーまでのどこかでutf8->sjisに変換?

データーベースにsjisで保存。

念を入れて、保存した文字が.netのプログラムで正常に検索できることと、他のソフトでsjis指定して文字が正確に検索できることを確認しました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.13

は~とデーターベース計画


楽しい曲を聴きたいときは楽しい曲を、静かな曲を聴きたいときは静かな曲を検索して聴く事が出来るデーターベースプログラムを作る様子を公開しています。

プログラムの方は、先週でいったんキリが付いたので、今週からは自宅サーバーの設定をするテストをしています。

まずは、データーベースのバージョンアップ。
データーベースの公式サイトを見てみるとバージョンが0.1上がっていたので、興味本位でバージョンを上げてみました。
でもしかし、この0.1(4.0と4.1)の差が実は結構大変な差だったようで、特に日本語の設定関係が大きく変わっているようです。
ココログでもお馴染みのutf-8で設定してみましたが、文字化け発生でなかなか上手くいかず。
今度は無難にsjis(shift-jis)で再挑戦です。

| Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.01

は~とデーターベース計画


楽しい曲を聴きたいときは楽しい曲を、静かな曲を聴きたいときは静かな曲を検索して聴く事が出来るデーターベースプログラムを作る様子を公開しています。

プレイリストの保存機能。
フォルダー階層に整理してプレイリストを保存できるように作っていますが、今週はフォルダーを作ったり名前を変えたり削除したりする機能を作りました。
フォルダーの移動とコピーの機能も作ろうかと思いましたが、しばらく使った後で作ることにしました。

さて後は「おべんとう」機能。
自宅専用サーバーに登録したmp3ファイルをプレイリストの順番にダウンロードしてファイルに保存する機能です。
ファイルを携帯プレーヤーに入れて外出するのが目的なので、「おべんとう」機能と名付けました。
この機能は、.netのライブラリーのおかげでおそらくあっという間に出来上がると思います。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.19

は~とデーターベース計画


楽しい曲を聴きたいときは楽しい曲を、静かな曲を聴きたいときは静かな曲を検索して聴く事が出来るデーターベースプログラムを作る様子を公開しています。

プレイリストの保存機能。
プレイリストの保存機能で、サーバー側のプログラムとの通信が上手くつながり、この計画のゴールが見え始めました。
本当はもう少しじっくりプログラムを作りたいのですが、このプログラムの使い勝手には我ながら期待しているのでとにかく早く使えるようにしたいので、ゴールが見え始めたのがうれしいです。

最近ゲームのデモムービーとか主題歌をインターネットで集めているのですが、mp3ファイルに変換したものが400曲を超えるようになってきました。
400曲にもなってくると、今日はこんな感じの曲を聴きたいとかいうときには曲を探しにくくなってくるので、このデーターベースの出番となってくるのです。
「今日は思いっきり電波な曲を聴きたい!」というときにも、操作ひとつで400曲の中から検索されてくる、そして検索結果をプレイリストにして保存することもできる。
そんな感じのプログラムがもうすぐ出来上がります。


ちなみに、mp3ファイルへのファイル変換は「ぷっちでここ」を使ってます。
変換中にかわいいアニメーションが表示されて楽しいソフトです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧